タマとゴロは、生まれた時から、ずーっと一緒・・・
by tama-yan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


カテゴリ:建替え( 10 )

建替え日記  『設備工事』

亀のようにノロノロ更新している一年遅れの建替え日記・・・ぉぃ
やっと設備工事です。(^o^;

いよいよキッチンにIHクッキングヒーターやら食洗機やらが入りました。これはm(=⌒ェ⌒=)mの希望でして、働く主婦としては少しでも家事がサボれるようにオプションで入れてもらいました。
b0036594_1152118.jpg
レンジもサッと拭くだけだし、家族の食事時間がバラバラでも、食洗機に次々に入れておいて寝る前にスイッチON! すごく重宝しています。

暖房は、床暖房も考えましたが費用の面で断念。
でも、色々調べて『温水ルームヒーター』なる物に決めました。設置には結構費用もかかるのですが、床暖よりは割安で、後々のメンテも楽そうなので・・・
b0036594_1181377.jpg
このルームヒーターは、温風がやわらかく、火傷の心配もないのでタマ・ゴロもお気に入りです。
クーラーと暖房の工事は入居までの日数もほとんど余裕がなかったので、一日で済ませてもらいました。
[PR]
by tama-yan | 2005-02-26 11:12 | 建替え

建替え日記 『外溝工事』

さて、忘れられた「建替え日記」 (^o^;
もうすぐ一年点検にメーカーが来ることになっています。

建替えと同時進行で、ぢつは外溝工事の業者さんも捜しておりました。最初はハウスメーカーに一緒に頼もうかと思って見積りを取りましたが・・・値段が合わずに断念。
相方が数箇所の業者を回り、地元のある業者に決めました。
今回、外溝業者を早く決定して良かったと思ったのは、入居とほぼ同時期に外溝工事も終了し、駐車場がすぐに使えたことです。
田舎暮らしの我家には車が4台>1人1台ってことね
今までは、2台分の駐車スペースしかなく、他に有料駐車場を借りたりしていましたが、これでやっと全部駐車場に入ります。

また、ハウスメーカーと外溝工事の業者さんが、工事の最初から綿密に打ち合わせをしてくれたので、工事の分担や時期を細部まで詰めてくれ、かなりスムーズに工事も進むことが出来ました。
b0036594_12391934.jpg

駐車場の屋根も、テラスの屋根も透明なので日の光が差してとても明るいです。その上、日が当たるわりには、真夏でもそんなに暑くなりません。
b0036594_22162536.jpg

最初、暗くなるから・・・と、駐車場に屋根をつけるのを反対していたm(=⌒ェ⌒=)mは、時代遅れでした。。。
[PR]
by tama-yan | 2005-01-27 22:18 | 建替え

建替え日記 『断熱材』

前に住んでいたボロ家は、隙間だらけで本当に寒い家でした。風呂場も冬場はシャワーを出しっ放しにして入らないと、震えるくらい寒かったし、トイレも当然のように暖房しておりました。(^^;
今回、建替える決心をした理由の一つに、昔とは比較出来ないくらい「断熱材」がよくなっている・・・って事がありました。勿論、これもお金をかければもっともっと良い断熱方法を使えると思うのだが、今回のメーカーの標準装備でも、充分満足出来る仕上がりとなった。
b0036594_2123124.jpg

壁と断熱材の間に、空気の層が流れるように薄いプラスチックの凸凹したシートを挟んでいく。窓は全てペアガラス。←これも今では標準みたい。
b0036594_213136.jpg

一年間住んでみて、本当に冬は暖かい・・・と感じた。普通、台所とか洗面所・風呂・トイレも暖房を考えると思うのだが、それが全く必要なし! 
b0036594_21123540.jpg
居間の暖房をつけてドアを開け放しておくと、一階全体が暖かくなってくる。
※しかし、夏は二階がチョット暑いです。(^^;
[PR]
by tama-yan | 2004-12-22 21:10 | 建替え

建替え日記 『楽しみ』

家のかたちが出来てくると、間取りがだんだんと実感出来る様になってきた。
居間は結構広いな・・・とか、窓がチョット小さいかな?とか。
それと同時に、ここはどう使おうか、あそこへこんな家具を置きたい・・・とか、この時期は色々と夢があって楽しかった。
b0036594_22194314.jpg
現実には「予算」というものがあって、そうそう欲しいもの全部を新調出来る訳ではなかったが、夢を見るのはタダ!
家電屋、家具屋に通っては、あれこれ希望の品を物色しておりました。
b0036594_22212295.jpg
また、冷暖房機器も候補を決め、見積りを取ることにした。
b0036594_22292577.jpg
2階へは長い間、この「はしご」で登って見学していた。早く階段が出来ないか、首をなが~くして待っていたが、結構後の方にならないと、階段はつかなかった。(^^;
[PR]
by tama-yan | 2004-12-19 22:29 | 建替え

建替え日記 『雨が気になる』

基礎が出来上がると、いよいよ足場が組まれた。パネル工法なので、壁が出来るのは早いと聞いていた。
数日で、半分くらいの壁が組み立てられていた。何となく家らしくなってきたので、早々、相方と懐中電灯片手に夜見に行った。暗くてよく見えないのに、朝まで待てなくて、この頃から夜も様子を見に行くようになった。(^^;
b0036594_025520.jpg




屋根はまだしばらく出来上がらないので、毎日天気が気になった。すぐにブルーシートで覆ってくれたけど、大雨が降ったらやはり中が濡れてしまう・・・
b0036594_032898.jpg



毎日天気予報を見て、幸い好天の日が続いたので、ホッとした。
b0036594_045754.jpg

[PR]
by tama-yan | 2004-12-15 00:05 | 建替え

建替え日記 『いよいよ工事開始』

古家解体後、廃材はきれいに搬出され、更地になった。何も無くなると、敷地が不思議と広く感じられた。さあ、いよいよこれから工事が始まる!
b0036594_9503179.jpg

まずは基礎工事。
基礎のコンクリートが入ると、自然と間取りがわかってくる。ここが玄関で、ここが和室で、ここが風呂、トイレ・・・
b0036594_9421267.jpg
 
この頃から、早朝、夫婦で工事の様子を見に行くのが日課となった。
夫婦共働きで休日がすれ違うため、一緒に様子を見るには早朝か夜となる。夜は暗くて様子が分からないので自然と朝見に行くようになった。
事前に夫婦で相談して、お互いの休みの日でも、工事の現場にべったり張り付くのはやめよう・・・という事になった。
工事の「監視」の意味でも、なるべく見に行った方がいいという事もよく聞くが、やはり現場の人にとっては「仕事がやりにくい」面も出てくる。
そこで我家の方針は、

・お互いの休日に当然様子は見に行くが、長居はしない
・代わりに早朝か夜、毎日様子を見に行き、疑問に思ったことはすぐにメーカーの担当者に連絡する
・現場の写真はこまめに撮る
b0036594_9475943.jpg

単純に、このくらいの事を決めて (決める程の事でもないが・・・)
建築期間に臨んだ。
何かと忙しい日々が続いたが、おそらく自宅の新築など最初で最後・・・ どうせなら楽しみながら乗り切ろうと夫婦で話し合った。
[PR]
by tama-yan | 2004-12-12 09:50 | 建替え

建替え日記 『古家解体』

メーカーを決定すると、とにかく忙しくなった。
まずは希望の間取りやら設備で見積りをすることになった。それと平行して地盤調査やら、本体工事以外の諸経費のことやら・・・とにかく知らない事が多すぎて、次々に質問したり調べたり。

それともうひとつ、「借り住まい」を捜し始めた。まだ見積金額も出ていない時期ではあったけれど、建替えると決心した時から、この事が心配で・・・
普通の「借り住まい」なら何とでもなるが、m(=⌒ェ⌒=)m宅には、タマ・ゴロが居る。猫が二匹もいてOKの「借り住まい」が、そう簡単に見つかるとは思っていなかった。

が・・・ 見つかった!

とにかく幸運・強運・悪運なのか何でも良い♪ ひょうたんから駒>違っ
借家でも何でもない空き家を持ち主の方のご好意で、貸していただけることとなった。
でも、まだメーカーと契約もしていない・・・(^o^;

その間、相方は銀行とローンの話しを進め、必要書類を着々と準備。メーカーとの本契約の前にローンの話しも決めてきたのであった。
お互いに仕事を持っている上、休日がバラバラのすれ違い夫婦。とにかく先手先手で準備していく必要があった。

そんなこんなで無事メーカーとも契約完了♪ バタバタと引越ししていよいよ本格的に工事が始まることになった。

いざ取り壊すとなると、何とも愛着が湧いてくる。取り壊しの前日、ガランとした古家の中でしばらくボーっとしていた。
b0036594_23592393.jpg


b0036594_00624.jpg
古い家屋の取り壊しは、夫婦とも仕事で留守の間に行われた。仕事の帰りに見に行くと、すでに瓦礫の山となっていた。夜で何も見えないので翌朝早く夫婦で自宅を見に行くと、変わり果てた我家が・・・何となくシンミリとしてしまった。
[PR]
by tama-yan | 2004-11-26 00:04 | 建替え

建替え日記『ここに決めた!』

もらってきたカタログやら、ネットで集めた情報やらを総合して、ひとつのメーカーに心が傾きつつあった我家は、早々詳しい話を聞くため、そのメーカーに連絡して担当者に時間をとってもらう事にした。
これは夫婦一緒に話しを聞きたかったので、m(=⌒ェ⌒=)mが休暇を申請、ふたり揃って行ってきた。
話しを聞いて、益々気に入ったところ、担当者が「調度完成したばかりの物件があるので、施工主の許可が取れたら見に行きませんか?」と言ってくれた。
一週間後、隣県の物件を夫婦で見に行った。
シンプルだけど、構造等はしっかりしていて一目で気に入った♪

「よし、このメーカーで決めよう!」

話しを進めると同時に、相方は地元の銀行にローンの相談に行っていた。
実際に我家ではいくらまでのローンが組めるのか?
この不況のお陰なのか、以前に比べると銀行は個人の住宅ローンに積極的で、金利も金融公庫と比べてもほとんど変わりない事が分かった。
また、金融公庫に比べると、審査が早く、「つなぎ融資」無しでも何とかなりそうだったので、結局この地元銀行でローンの話しも進めることにした。

建替えようと言い出してから、まだ1ヶ月ちょっと・・・
決断の早い夫婦であった。(^o^;
[PR]
by tama-yan | 2004-11-21 19:39 | 建替え

建替え日記『見学ツアー参加』

ネットでハウスメーカーを色々調べると、まあ見事な家が、あるわ、あるわ!
しかし、値段を見て卒倒寸前・・・☆ヽ(o_ _)o

まずは、現実味のあるものをピックアップし、数日後の休日に市内にある住宅展示場へと出かけたのだった。
お目当てのメーカーへ直行し、カタログ一式をもらうと次のメーカーへ・・・
某メーカーのモデルハウスでカタログをもらうと、営業マンから「調度、バスツアーがあるので、遊びに行く感覚でいいのでどうですか?」と言われ、「家を建てる」事について全く無知識なm(=⌒ェ⌒=)mは、とにかく何か一つでも得るものがあるかも・・・と、その場で参加申し込みをしてしまった。今思えば、何と無謀な・・・(汗)

一週間後、バスツアーに参加してみると、やはり他の人は皆夫婦で参加していて、1人で参加したのはうちだけだった。
高速道路を通って某メーカーの自社工場に到着、まずは食堂でお弁当をいただく。
色々な地域から見学ツアーがあるようで、順番を待ち、営業マンの先導で見学を開始した。
m(=⌒ェ⌒=)mの興味は、キッチンや風呂、トイレなどのモデルルームで、その他にも建築途中の住宅の基礎や屋根裏部分を見られるようになっているモデルルームもあり、とにかくどれも興味津々!
入り口で各自メジャーをくれるので、それを持って、廊下の幅の違いとかを実際に測って体験、記念に持ち帰って良いと言われたのでもらって帰った。
これがその後大活躍♪ とにかく何でも大きさを測る習慣がついてしまった。

バスツアーのメーカーは、値段がおりあわず、お世話にはならなかったが、「よし、家を建てるぞ!」という気持ちにしてくれた。これはこれで参加して良かったと感謝している。
[PR]
by tama-yan | 2004-11-21 15:19 | 建替え

建替え日記 『そうだ、家を建替えよう!』

b0036594_1234925.jpg仕事の方も落ち着いてきた今日この頃・・・
調度一年前は家の建替えの真っ最中でした。
当時のドタバタぶりを書いてみようかと思います。>いまさら・・・(^^; 

昨年の、とある日・・・仕事から帰ってきた相方が突然口を開いた。
相方「そうだ、家を建替えよう!」
たまやん「・・・・」

あまりに突然でビックリした。
そりゃあ確かに当時の我家はボロボロで、毎日リフォーム業者のチラシやダイレクトメールがポストに入っていた。休みに家に居ると、やれ屋根を直せ、壁を塗り替えよう、庭木の剪定だ・・・と、本当に次から次から来てくれたものだ。
m(=⌒ェ⌒=)mがセールスマンだったら、やはり必ずインターホーンを押すような家でした。

だから建て直すことには勿論賛成で、前々から希望的観測で、いずれは・・・と思っていた。
しかし、最大の難関は「お金がない」ってことで、毎月が自転車操業的な我家には、「頭金」なんてものが用意できない。それでも可能なのか?

相方「金利もそろそろ上昇傾向だし、年齢的にもローンを組むなら今しかない。」

とにかく色々と調べてみようという事になり、m(=⌒ェ⌒=)mはハウスメーカーのカタログと情報担当、相方は銀行ローンと役所の手続き担当・・・すぐに分担が決まり、翌日から行動を開始したのであった。
[PR]
by tama-yan | 2004-11-21 12:04 | 建替え